田無神社で七五三プラン

田無神社

田無神社で七五三プラン 田無神社で七五三プラン
メインビジュアル
ホーム > お知らせ

お知らせ


2022年 11月 26日(土)

■ 切り絵御朱印

切り絵の御朱印「白黒切り絵」「カラー切り絵」のご紹介
五龍が描かれた切り絵は 、西東京市在住の切り絵作家、小出蒐先生がデザインされました。
「田無神社」「一楽萬開」の字は武蔵野大学教育学部教授で書道家の広瀬舟雲先生の揮毫です。

初穂料・・・1,500円
頒布場所・・・御朱印処

 

 

 

 

 

 

2022年 11月 21日(月)

■ お正月縁起物は12月1日(木)より頒布開始

お正月縁起物

破魔矢や土鈴など「お正月縁起物」は令和4年12月1日(木)より頒布を開始します。

新型コロナウイルスに罹患された皆様と感染拡大により生活に影響を受けられている地域の皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。田無神社では、クラスター感染を防ぐために、感染の防止策を講じていきます。参拝者の皆様の健康・安全面を第一に考慮して検討してまいりますので、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

例年、田無神社では、正月三が日に10万人の参拝者が訪れ、境内に続く表参道は長い行列ができます。三が日の混雑を避けるため、1月1日(元日)〜2月2日(節分前日)までを初詣の期間と捉えていただき、人出が集中しないよう、ゆとりをもった分散参拝にご協力いただきたくお願い申し上げます。

2022年 11月 15日(火)

■ 令和4年11月23日(水)〜一番札「一楽萬開札」頒布開始

「一楽萬開札」頒布開始

令和4年11月23日(水)から令和5年2月3日(金)の期間、

田無神社一番札「一楽萬開札」を授与します。

その年の吉方(令和5年は南)に一楽萬開札をお祀り下さい。

 

2022年 10月 20日(木)

■ 11月御朱印手書き「ご神木紅葉」「新嘗祭」「酉の市」書体のご案内

〜11月御朱印手書き「ご神木紅葉」「新嘗祭」「酉の市」書体のご案内〜

11月は、下記の日程で、手書き御朱印を特別な書体でお頒ちいたします。

11月19日(土)

11月20日(日)は

ご神木紅葉書体に

 

11月23日(水)は

新嘗祭特別書体となります。

 

また、11月4日(金)

11月16日(水)

11月27日(日)

11月28日(月)

の4日間の御朱印は酉の市書体となります。

酉の市書体は旧書体と現書体からお選びいただきます。

↑旧書体

↑現書体

 

いちょうや楓の木々が色付き、菊の花々が青空に映え、田無神社境内が一年で最も美しい季節を迎えます。 秋の賑やかな境内で楽しいひと時をお過ごしください。

 

 

2022年 10月 17日(月)

■ 「酉の市開催」11月4日(金)一の酉、11月16日(水)二の酉、11月28日(月)三の酉

〜酉の市開催〜

「銀杏の紅葉と熊手市」

11月4日(金)一の酉、11月16日(水)二の酉、11月28日(月)三の酉の日程で大酉祭(酉の市)の祭事を執り行います。酉の市開催時間は午前10時から午後10時までとなります。

期間中、感染の防止策を講じた上で、熊手市・露店の出店を行います。

また社務所でも熊手などを頒布します。

 

 

 

 

 

 

 

 

オススメコンテンツ

トップへ戻る