田無神社で七五三プラン

田無神社

田無神社で七五三プラン 田無神社で七五三プラン
メインビジュアル
ホーム > 田無神社とは

ご由緒

田無神社の創建は、正応年間(1288〜1293)あるいは建長年間(1249〜1256)と伝わり、いずれも13世紀・鎌倉時代とされています。当初は現在の鎮座地より北へ1キロほど離れた谷戸(註1)の宮山に鎮座しており、尉殿大権現と称しておりました。
時代は下り江戸時代になると、慶長11~12年(1606〜1607)の江戸城増改築に際して、漆喰の原料である石灰運搬のために青梅街道が開かれました。これに伴い、幕府の命令により谷戸の住人たちは青梅街道沿いに移り住むこととなり、宿場町として田無の町の歴史が始まりました。
このような歴史の経緯の中で、宮山に鎮座する尉殿大権現は、元和8年(1622)に上保谷(住吉町)に上保谷尉殿権現(現尉殿神社)として分祀(註2)されます。その後の「遷座・分祀」の歴史は諸説あり、はっきりとしたことは分かっていません。
※下記に記した遷宮の年代は、田無神社現宮司(賀陽智之)の解釈によるものです。

「公用分例略記」(下田家所蔵)によると、正保3年(1646)に田無(現在の地)に、宮山に鎮座する尉殿大権現、もしくは上保谷尉殿権現のどちらかもしくは両方から、御霊が分祀されます。その際に分祀されたのが級津彦命(しなつひこのみこと)・級戸辺命(しなとべのみこと)の両方だったのか、男神の級津彦命(しなつひこのみこと)のみを分祀されたかは分かっていません。保谷の伝承によると上保谷尉殿権現が男神、田無尉殿権現を女神としていますが、田無の伝承では男神・女神が逆に解釈されています。明治の初め神仏分離令により、上保谷尉殿権現は尉殿神社と改称しますが、それ以降は女神である級戸辺命(しなとべのみこと)を御祭神としています。また、「本社再建、拝殿・向拝再建」(下田家所蔵)「本社拝殿棟策」(田無神社所蔵)「田無神社記」(田無神社所蔵)「神社明細書」(田無神社所蔵)によると寛文10年(1670)に谷戸の宮山から尉殿大権現の本宮そのものを田無に遷座(註3)されたとあります。
① 1646年に分祀された後に、1670年に遷座された
② 1646年の分祀は無く、1670年に遷座された
③ 1646年は遷座であり、1670年の遷座はなかった
現存している古文書から「遷座・分祀」の歴史を読み解くと、上記の①、②、③の可能性があります。田無神社所蔵の書物に1670年遷座と記されていること、鎮座当初の本殿(現野分初稲荷神社)が1658年に創建されたと田無神社に社伝として伝わっていることから、田無神社では①の説を有力とみています。
江戸末期までの神仏習合の時代まで、尉殿大権現は西光寺(現総持寺)が別当を務め、倶利伽羅不動明王像(龍神)を御神体としていました。明治元年(1868)の神仏分離令によって、御神体の倶利伽羅不動明王像は西光寺本堂に奉安遷座することになります。日本の神として垂迹(すいじゃく)したのが級津彦命(しなつひこのみこと)・級戸辺命(しなとべのみこと)であり、本地仏が倶利伽羅不動明王であるとされています。田無の古文書に、倶利伽羅不動明王だけでなく、11面観音菩薩も本地仏である記述が残されていますが、はっきりしたことは判明していません。元和8年(1622)に宮山の尉殿大権現から分祀された上保谷村鎮守尉殿権現社(現尉殿神社)に祀られていた御神体も倶利伽羅不動明王像でありましたが、現在はかつての別当寺である寳晃院に収蔵されています。また、江戸時代に尉殿権現社の拝殿に掲げられていた、「尉殿大権現神号額」は西光寺(現總持寺)に引き取られました。
その後、尉殿大権現は明治五年(1872)に村内の熊野神社、八幡神社を合祀(註4)し、田無神社と社名を改めました。その際に、大国主命(おおくにぬしのみこと)、須佐之男命(すさのおのみこと)、猿田彦命(さるたひこのみこと)、八街比古命(やちまたひこのみこと)、八街比売命(やちまたひめのみこと)、日本武尊(やまとたけるのみこと)、応神天皇(おうじんてんのう)等、国内諸神をお祀りしました。さらに明治43年に町内の5つの小社を合祀、昭和24年に大阪市阿倍野の大鳥神社より大鳥大神(おおとりのおおかみ)が分祀され現在に至っています。谷戸に鎮座していた弁天社、白山神社、熊野神社、稲荷神社も田無神社に合祀されたという記録が残されていますが、詳しいことはわかっていません。

註1 谷戸とは関東に多く見られる地名で、湿地、湧水など水の豊富な土地を指します。
註2 分祀とは神社の祭神の御魂を別の場所にお分けして、新たにお祀りすることです。
註3 遷座とは祭神そのものを別の地にお移しすることです。
註4 合祀とは複数の神社の祭神を、一つの神社に合わせてお祀りする事です。

『Origins』

The origins of Tanashi Jinja*, dedicated to sacred golden dragons, Okuninushi-no-mikoto and all the other indigenous gods of Japan, are unclear, but there are records dating back to the late 13th century(Kamakura period) that trace ties to a local guardian shrine called the Jodono-gongensha. This shrine was formerly located on Miyayama in the Yato district which was in those days the focal point of the Tanashi region.
With the establishment of the Tokugawa government marking the beginning of Edo period(1603-1867), and the transport of lime, use in the building of castle and town walls, from the Ome district, local activity shifted to the Ome-Kaido highway and Tanashi grew into a bustling post-station town. The Jodono-gongensha was moved to its present location in Tanashi in 1670.
In 1858, the Tanashi village head, Shimoda Hanbe Tomiie, invited the great Edo-period sculptor Shimamura Shunpyo to rebuild the shine’s honden. The shrine name was changed to Tanashi Jinja in 1872. *Jinja is Japanese term for shrine.

ご祭神

田無神社の主祭神は、級津彦命(しなつひこのみこと)・級戸辺命(しなとべのみこと)、大国主命であります。
大国主命は出雲大社の祭神であり日本各地の神社でお祀りされています。「古事記」によれば、素戔嗚尊の娘神である須勢理比売命と婚姻し、海の向こうからやってきた少彦名命と協力して日本国の開拓経営に尽力され葦原中国(日本国の異称)の主となられました。その後、天照大御神の葦原中国平定の命を受け天降った武御雷神に国譲りをし、幽界にお隠れになられました。非常に多くの異称とご利益を持つ神様です。また、尉殿大権現と称されていた創建当初より級津彦命 (しなつひこのみこと)・級戸辺命( しなとべのみこと)をお祀りしております。この二柱は龍田大社や伊勢神宮・内宮の別宮である風日祈宮、外宮の別宮である風宮などでお祀りされる風を司る神様です。元寇の際に神風を吹かせ、日本の国土をお守りくださった霊験あらたかな神様であられます。現在は五行思想に基づき本殿に級津彦命(しなつひこのみこと)・級戸辺命(しなとべのみこと)として金龍、境内各所に黒龍、白龍神、赤龍、青龍を配祀し五龍神として信仰されております。

田無神社・本殿

さらに詳しく

もっと詳しく

トップへ戻る