田無神社


メインビジュアル
ホーム > 結婚式

神前結婚式

人生最大の節目の日 それは田無神社で挙げる結婚の儀 人生には節目の日がいくつもあります。古来より我々日本人はひとつひとつの節目を大切にしてきました。節目には皆で集まり、心をひとつに祈り願います。子供の健やかな成長を皆で願う初宮詣や七五三。子供が立派な大人になることを皆で願う成人式。人と人との絆は節目を大切にすることで強く結ばれてゆきます。お二人の末永い幸せを皆で願う結婚式。それはお二人にとって人生最大の節目です。

人生最大の節目の日 それは田無神社で挙げる結婚の儀

人生には節目の日がいくつもあります。 古来より我々日本人はひとつひとつの節目を大切にしてきました。節目には皆で集まり、心をひとつに祈り願います。
子供の健やかな成長を皆で願う初宮詣や七五三。子供が立派な大人になることを皆で願う成人式。人と人との絆は節目を大切にすることで強く結ばれてゆきます。
お二人の末永い幸せを皆で願う結婚式。それはお二人にとって人生最大の節目です。

There are many milestones in life. Since ancient times, Japanese people cherished every single of such milestone. Everyone gathers at those milestone days and pray in one heart. At Hatsu-miyamairi and Shichigosan, people wish for the healthy growth of children. At Coming-of-Age ceremony, everyone wishes that children turn into fine adults. The bond among people is tied stronger and stronger by cherishing the milestones together.
At wedding ceremony, we wish for the lifelong happiness of the couple, and that is the biggest milestone in life for them.

神前結婚式の流れ

神前結婚式の流れ
  • 参進:新郎新婦、ご両親、神主等がご参列の皆様のあたたかい祝福に包まれて、参道を社殿に進みます。
  • 著座:社殿では太鼓の音で引き締められた雰囲気の中、新郎新婦、ご参列の皆様が着席しますといよいよ開式です。
  • Chakuza : At the shrine main hall, the couple and the people in the attencance take seats in the solemn atmosphere created with the sound of the drums, then the ceremony finally begins.
  • 修祓(しゅばつ):お祓いで身も心も清めます。
  • Shubatsu : Purification of body and mind.
  • 斎主一拝:神主に合わせて神様に一拝します。
  • Saishu Ippai : Led by the priest, the couple bows once to the Kami.
  • 祝詞奏上:ご結婚を神様に奉告し、お二人の幸せ、両家の繁栄を祈る祝詞を奏上します。
  • Norito Sojo (Recital of Prayers) : The priest reports the marriage to the Kami and recites a celebratory prayers for the happiness of the couple and the prosperity of the two families.
  • 三献の儀(三々九度):お二人が同じ盃を重ねることで、今日から同じ道を歩む決意を固めます。
  • Sankon-no-gi (San-san-kudo) : By drinking from three sake cups and overlapping them, the couple consolidates their determination to walk on the same path from the day on.
  • 誓詞奏上:お二人で決意の誠を神様にお誓いする誓詞を奏上します。
  • Seishi Sojo : The couple recites the words of oath to the Kami to vow their true determination.
  • 誓輪の儀(指輪交換):お二人の永遠の絆を確認し合います。
  • Seirin-no-gi (Ring exchange) : The couple confirms the eternal bond between them.
  • 浦安の舞奉納:神様への感謝の印として浦安の舞を巫女が舞いご奉納します。
  • Urayasu-no-mai dance offered : Shrine maiden dances Urayasu-no-mai and dedicates it as a token of gratitude to the Kami.
  • 玉串奉奠:お二人で心を一つに玉串を捧げます。ご親族代表者が両家の固い結びつきの決意を込めて玉串を捧げます。
  • Tamagushi Hoden : The couple unitedly dedicates Tamagushi, a branch of the sacred tree. The representatives of their families also dedicate Tamagushi to show the resolution on the firm bond between the two families.
  • 親族盃の儀:両家の固い結びつきの決意の証しとして両家で盃を酌み交わします。
  • 斎主一拝:今日の佳き日に感謝して、神主に合わせて神様に一拝し、結婚式はめでたく執り納めとなります。
  • Saishu Ippai : Led by the priest, the couple bows once to the Kami to express the gratefulness for the day to conclude the wedding ceremony.

四つの特別な儀式

一.参進

1. Sanshin Procession

朱傘のもとしずしずと進む花嫁行列「参進」雅楽の調べと神職の先導で厳かに始まる神前結婚式。
優雅で美しい参進の光景は参拝者をも魅了します。

参進

二.神主・巫女装束で撮影

ご希望のお二人には神主・巫女の装束を着ての写真撮影サービスも承ります。
また田無神社で挙式をしたお二人だけに特別な御朱印をお授けいたします。

For those who wish so, we can offer a photo shooting service in costumes of shinto priest/priestess.
In addition, the couple who have a wedding ceremony at Tanashi Jinja Shrine will receive exclusive Goshuin stamp.

For details of Goshuin book, please refer here.

神主・巫女装束で撮影

三.艶やかな傘でお二人をお出迎え

結婚式を挙げて晴れてご夫婦となったお二人。
お二人の大切な皆さまが祝う艶やかな傘のトンネル。
これからお二人が共に歩まれる人生の道にも、今日ご参列者の皆さまの優しい気持ちの傘がさしかけられるでしょう。

艶やかな傘でお二人をお出迎え

四.きりぬさ

4. Kirinusa

紙ふぶきのように見えるのは『きりぬさ』です。
神道では古くからお清めに用いられてきました。お二人のために神職が心を込めて紙ふぶきを作り、麻を混ぜたものです。
ご参列の皆さまが『きりぬさ』でお二人の歩む未来への道を清めます。

What looks like confetti is called Kirinusa. In Shinto, it has long been used for cleansing. It is prepared for the couple by the priests by cutting paper into confetti and mixing hemp in. The people in attendence purify the path to the future on which the couple will walk using Kirinusa.

きりぬさ

披露宴会場のご案内

境内にあります国登録有形文化財『田無神社参集殿』を会場として使用できます。田無神社参集殿ではご家族様だけの少人数の食事会や、ホテルの料理や豪華な懐石仕出しを利用した大人数での披露宴も承ります。また、提携しております人気の会場もご案内いたします。皆さまのご希望に合わせてご提案いたします。

田無神社参集殿

境内の国登録有形文化財『田無神社参集殿』の披露宴。境内ですので煩わしい移動もなく行えます。お色直しなどもお手伝いいたします。
仕出しの懐石料理や提携ホテルのお料理もご用意いたし、専門のスタッフが給仕も致しますので、ご相談ください。

田無神社参集殿

よくあるご質問

  • 質問01 婚礼の申し込みはどれくらい前からできますか?
  • 答え01 1年前から承ります。土・日曜の大安は予約が集中しますので、お早めにお申込みください。
  • 質問02 友人も参列させたいけど平気ですか?
  • 答え02 ご友人の皆様も是非ご昇殿下さい。
  • 質問03 社殿や控え室の見学はできますか?
  • 答え03 随時承ります。お気軽にご相談ください。神職が当日の様子などを交えてご案内いたします。
  • 質問04 駐車場はありますか?
  • 答え04 立体駐車場に60台駐車可能です。送迎用のバスも停められます。
  • 質問05 両親だけ参列するのですが大丈夫ですか?
  • 答え05 少人数でも厳かに斎行いたします。どうぞご相談ください。
  • 質問06 挙式のみでも申込みは可能ですか?
  • 答え06 承ります。挙式のみでもぜひご相談ください。
  • 質問07 式中の作法はどうしよう?
  • 答え07 作法は当日神職が丁寧にご案内いたします。ご安心ください。
  • 質問08 式の招待状や披露宴会場までの移動手段はどうしよう。
  • 答え08 専任のプランナーが、親身にアドバイス。招待状やお車の手配も、お気軽にご相談ください。
  • 質問09 衣裳は持っているのですが着付けだけでも対応できますか?
  • 答え09 ご衣裳はお持込いただけます。持ち込み料はいただいておりません。着付けやヘアメイクのみでも承ります。
  • 質問10 車椅子の方の挙式列席は可能?
  • 答え10 可能です。当日は婚礼スタッフがご案内いたしますので、お気軽にお声をおかけください。
  • 質問11 列席者の着付けは対応できますか?
  • 答え11 ご予約にて承ります。参集殿はご参列の皆様のお着替えのお部屋もございます。
  • 質問12 知人のカメラマンに撮影をお願いしても大丈夫ですか?
  • 答え12 境内は自由にご撮影ください。祭儀中は社殿回廊よりご撮影いただきます。ただし祭儀に支障が出ることはご遠慮いただいております。
    神社提携の写真館を特別な価格にてご案内いたします。提携写真館は特別に社殿内より撮影ができます。どうぞお申し付けください。

お問合せ・資料請求・お申込み

お電話かFAX、または直接お越しいた上でお問合せ・お申込みください。
資料をご希望の方にはパンフレットをご用意しております。お電話かFAX、または直接お越しいただきましてご請求ください。

■ 田無神社社務所   〒188-0011 東京都西東京市田無町3-7-4

tel
fax

もっと詳しく

トップへ戻る