田無神社

メインビジュアル
ホーム > 天才・嶋村俊表の彫刻

天才・嶋村俊表の彫刻

『嶋村俊表(しまむら しゅんぴょう)』

嶋村俊表は、左甚五郎を祖とし、嶋村俊元に始まる嶋村家の八代に当たります。嶋村家の二代円鉄は成田山新勝寺光明堂(1701年、国・重要文化財)、同・三重塔(1712年、国・重要文化財)の彫刻を手がけています。このように、嶋村家は代々、彫物大工を継承する家柄であり、名工を輩出してきました。
 とりわけ俊表は、江戸期の日本文化を一身に体現した天才と言ってよいでしょう。俊表は、川越氷川神社本殿(1842年から関与、埼玉県指定文化財)、成田山新勝寺釈迦堂(1857年、国・重要文化財)なども手がけています。東京芸術大学学長の宮田亮平氏の言うように、田無神社本殿は俊表の代表作とも言える傑作です。ここに江戸期日本文化の結晶を見ることができると言っても過言ではありません。

写真集について

江戸神田の名工 嶋村俊表によって造られた田無神社本殿の作品集です。江戸期を代表する建築様式の社殿は、大胆かつ繊細な彫刻装飾がとりわけ美しく、扉、欄干、柱など隅々まで円熟期の俊表の技量がみごとに発揮されています。本書では、その彫刻装飾の数々を美しい写真で収録しています。

本殿写真集

彫工嶋村俊表の美
田無神社 ー 本殿写真集 ー

入手ご希望の方は社務所へご連絡ください。
簡易装丁版もございます。詳しくは、田無神社社務所までご連絡ください。

もっと詳しく

トップへ戻る