田無神社で七五三プラン

田無神社

田無神社で七五三プラン 田無神社で七五三プラン
メインビジュアル
ホーム > 開かれた神社

開かれた神社



 田無神社は鎌倉期の創立以来、田無の地で皆様とともにありました。日本文化の魂を宿す神社として日本の伝統文化を伝えるべく、また、地域社会との絆を深めるべく新たな試みを行っています。開かれた神社として、さまざまな祭事・イベントの様子をお伝えします。

2020年 10月 24日(土)

■ ご祈祷にソーシャルディスタンスを

安心して七五三・初宮参りを

コロナウイルス感染症対策として、10月24日(土)から11月29日(日)の期間は、境内にトラステント(巨大テント)を設置し、密を避け参拝者相互の距離をとって七五三参り・初宮参りを斎行いたしますので、安心してお参りください。

 

「ご祈祷は予約制ではございません」

田無神社にお越しいただき、当日に申し込み用紙をご記入いただきます。

ご参拝なされた方全員(同伴者)がご昇殿(ご参拝)いただけます。

 

受付期間 通年(月曜日〜日曜日)年中無休

ご祈祷受付時間 9時〜16時

「ご祈祷は予約制ではございません」お越しいただいた方から順次ご案内いたします。

混雑期で15分から30分程お待ち頂くことがあります。

初穂料は5,000円、10,000円、20,000円以上となります。

ご祈祷の内容は同じですが、授与品やお札の大きさなどが異なります。

 

 

2020年 10月 19日(月)

■ 手作りぎんなん守り

手作りぎんなん守り

「500体限定秋季特別頒布」
田無神社境内のご神木から授かった銀杏(ぎんなん)500個を拾い集め、一つ一つ入れて丁寧に縫製いたしました。
巾着はそれぞれお色と柄が異なります。
身体健全・健康祈願をご祈念しております。

 

 

2020年 10月 18日(日)

■ 令和2年酉の市開催決定

〜酉の市開催〜

「銀杏の紅葉と熊手市」

11月2日(月)一の酉、11月14日(土)二の酉、11月26日(木)三の酉の日程で大酉祭(酉の市)の祭事を執り行います。酉の市開催時間は午後5時から午後10時までとなります。

 

露店の出店を行いますが、コロナウイルスの影響による感染症拡大防止のため、テイクアウト(お持ち帰り)限定とさせていただきます。

 

※当日は必ずマスクを着用しお越し下さい。

※体調不良の方はご遠慮下さい。

※新型コロナウイルスの感染状況により. 中止となる場合があります。

 

 

 

2020年 10月 8日(木)

■ 御遷座三五〇年!花手水で華やかに

御遷座三五〇年!花手水で華やかに

田無神社御遷座三五〇年のお祝いとして、豊田生花店様が手水舎、青龍社、津島神社にある鉢に、色とりどりの花を浮かべ、飾り付けをして下さいました。

皆様の暖かいご支援により、御遷座三五〇年記念手水舎改修工事が10月5日(月)をもって完工しました。厚く御礼を申し上げます。
たくさんの綺麗な花が浮かんだ「手水舎」を是非ご覧ください。
感謝

 

 

 

 

2020年 10月 6日(火)

■ 10月5日(月)手水舎完成

〜10月5日(月)手水舎完成〜

 

皆様の暖かいご支援により、御遷座三五○年記念手水舎改修工事が10月5日(月)をもって完工しました。厚く御礼を申し上げます。

本事業は、経年劣化が進んでいる手水舎を改修してその存続をはかり、江戸の名工・嶋村俊表作と伝わる彫刻を保存し、末永く後世に伝えるとともに、周囲の境内整備を目的としております。年内に手水舎裏に御寄付者芳名板を設置し、御芳名を掲示申し上げる予定であります。工事の様子や調査報告、記録写真等につきましては、田無神社社報第29号においてご報告申し上げます。皆様のご支援、ご奉納を賜り誠にありがとうございました。

 

感謝

 

※奉賛目標額を2,000万円としており、今年1月より多くの方から篤いご崇敬の誠としてのご奉賛を賜っておりますが、残念ながら目標額には至っておりません。新型コロナウイルス感染症により環境の厳しさが増すところとは存じますが、本事業の目的とその歴史的意義にご理解・ご賛同いただき、氏子・崇敬者の皆様のなお一層のご奉賛・ご支援を賜りますようお願い申し上げます。なお、1万円以上のご奉賛をいただいた方の御芳名につきましては、境内に掲示し永く顕彰いたします。また、ご奉賛いただきましたすべての方の御芳名を次号の田無神社社報第29号において顕彰いたします。

 

オススメコンテンツ

トップへ戻る