田無神社で七五三プラン

田無神社

田無神社で七五三プラン 田無神社で七五三プラン
メインビジュアル
ホーム > 開かれた神社

開かれた神社



 田無神社は鎌倉期の創立以来、田無の地で皆様とともにありました。日本文化の魂を宿す神社として日本の伝統文化を伝えるべく、また、地域社会との絆を深めるべく新たな試みを行っています。開かれた神社として、さまざまな祭事・イベントの様子をお伝えします。

2020年 1月 15日(水)

■ 1月15日(水)お焚き上げの様子

1月15日(水)お焚き上げの様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年 1月 8日(水)

■ 龍神池にメジロが遊びに来ました

1月6日(月)16時頃、龍神池にメジロが遊びに来ました

 

お正月の様子 その2

 

 

 

 

 

 

2020年 1月 8日(水)

■ 令和2年お正月の様子

令和2年お正月の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年 12月 26日(木)

■ 【御遷座三五〇年記念御朱印帳】

【御遷座三五〇年記念御朱印帳】

令和2年1月6日(月)午前9時より頒布開始

御遷座三五〇年記念 「狩衣仕様」

 

 

御遷座三五〇年記念 「紋付紫袴仕様」

 

 

【御遷座三五〇年記念 御朱印帳】

令和2年1月1日(水)午前9時より頒布開始

 

2019年 12月 24日(火)

■ 田無神社御遷座三五〇年記念 「公式HP完成」

田無神社御遷座三五〇年記念
「公式HP完成」

http://www.tanashijinja.or.jp/event-350th/

上記URLよりお進みください。

田無神社は令和二年十月十一日(日)(※例祭の大祭)を以て、御遷座三五〇年の節目を迎えます。田無神社は鎌倉時代の正応年間(一二八八年から一二九二年)または建長年間(一二四九年から一二五六年)に谷戸の宮山(現在の東京都西東京市谷戸町)に建立されたとされています。その後、時代が下り江戸時代の初期、青梅から江戸へ石灰を運ぶための重要な街道である青梅街道の整備に伴い江戸幕府の命により寛文十年(一六七0年)に現在の場所へ御遷座されました。爾来、田無の氏神様・鎮守様として氏子の篤い崇敬を集め、今日に至っています。

オススメコンテンツ

トップへ戻る