田無神社で七五三プラン

田無神社

田無神社で七五三プラン 田無神社で七五三プラン
メインビジュアル
ホーム > 開かれた神社

開かれた神社



 田無神社は鎌倉期の創立以来、田無の地で皆様とともにありました。日本文化の魂を宿す神社として日本の伝統文化を伝えるべく、また、地域社会との絆を深めるべく新たな試みを行っています。開かれた神社として、さまざまな祭事・イベントの様子をお伝えします。

2020年 5月 31日(日)

■ オタマジャクシが成長し、カエルに変態しました

「オタマジャクシが成長し、カエルに変態しました」

5月31日(日)に龍神池で水質調査が行われました。池作りの頃より龍神池を見守っている特定非営利活動法人NPO birth様にご指導いただきました。

オタマジャクシはエラ呼吸で水中生活ですが、成体のカエルは手足が生えて、陸上移動し、肺呼吸を行います。

大人になったアカガエルを観察しに田無神社へ!

 

 

 

 

 

2020年 5月 31日(日)

■ 龍神池の水質調査の様子

~生命が宿るビオトープ~

「龍神池の水質調査」

5月31日(日)に龍神池で水質調査が行われました。池作りの頃より龍神池を見守っている特定非営利活動法人NPO birth様にご指導いただきました。

絶滅危惧II類に指定されているシャジクモの発芽を確認しました。

また、イトモが花をつけているのを確認しました。

イトモが花をつけるのは非常に珍しいそうです。

※調査結果は田無神社龍神池公式ホームページ「生命が宿るビオトープ」上で公開いたします

 

イトモの花

 

 

 

 

 

 

 

2020年 5月 29日(金)

■ 田無神社で登山!?

田無神社で登山!?

田無神社本殿裏山をどなたでも、登山し参拝いただけるように整備工事を行っています。工事期間中、ご参拝にお越しになる方にはご不便・ご迷惑をおかけすることも予想されますので、事情ご賢察の上ご了承くださいますようお願い申し上げます。
工事名称
御遷座三五〇年記念田無神社本殿裏山登山道整備工事
工事期間
令和二年秋頃に完工予定

本殿裏山整備工事の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年 5月 27日(水)

■ 茅の輪奉製の様子

令和2年夏越の大祓「茅の輪奉製の様子」

清瀬市の農家様に茅をご奉納いただきました。

本殿前の参道に、6月1日(月)から6月30日(火)まで茅の輪を設置いたします。茅の輪をくぐり、新型コロナウイルスの感染防止と猛威鎮静を祈願ください。

「夏越の大祓」は、私たちが日常生活で知らず知らずのうちにおかした罪(つみ)穢(けが)れや禍(わざわい)を一年の半分にあたる6月30日に形代(人形)に移して祓い除き、身も心も清々しく健康で幸せな生活を願う日本の伝統的なお祓いの神事です。

なお、茅の輪をくぐる際には、参拝者同士の間隔を2メートル程度あけてくださるようお願い申しあげます。

※茅の輪設置期間 6月1日(月)〜6月30日(火)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年 5月 23日(土)

■ 裏山石積み工事の様子その③(完成)

裏山の石積み工事その③(完成)

 

5月8日(金)に本殿裏山の石積み工事が始まり、5月20日(水)に完工しました。

群馬県産地の「みかほ石」が土留めに用いられています。

裏山土留め工事はスーパー台風(近年の異常気象)などによって引き起こされる土砂崩れから、所沢街道の側道を守るために4月初旬にスタートしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オススメコンテンツ

トップへ戻る