田無神社で七五三プラン

田無神社

田無神社で七五三プラン 田無神社で七五三プラン
メインビジュアル
ホーム > お知らせ

お知らせ


2021年 10月 25日(月)

■ 11月御朱印手書き「ご神木紅葉」「新嘗祭」「酉の市」書体のご案内

〜11月御朱印手書き「ご神木紅葉」「新嘗祭」「酉の市」書体のご案内〜

11月は、下記の日程で、手書き御朱印を特別な書体でお頒ちいたします。

11月13日(土)

11月14日(日)は

ご神木紅葉書体に

11月23日(火)は

新嘗祭特別書体となります。

また、11月9日(火)

11月20日(土)

11月21日(日)

の3日間の御朱印は酉の市書体となります。

いちょうや楓の木々が色付き、菊の花々が青空に映え、田無神社境内が一年で最も美しい季節を迎えます。 秋の賑やかな境内で楽しいひと時をお過ごしください。

 

2021年 10月 18日(月)

■ 「酉の市開催」11月9日(火)一の酉・11月21日(日)二の酉

〜酉の市開催〜

「銀杏の紅葉と熊手市」

11月9日(火)一の酉、11月21日(日)二の酉、の日程で大酉祭(酉の市)の祭事を執り行います。酉の市開催時間は午後5時から午後10時までとなります。

期間中、感染の防止策を講じた上で、熊手市・露店の出店を行います。

※当日は必ずマスクを着用しお越し下さい。

※体調不良の方はご遠慮下さい。

※新型コロナウイルスの感染状況により、中止となる場合があります。

 

 

 

 

2021年 10月 16日(土)

■ 令和3年七五三参り(お電話でお問い合わせなされる前に)

令和3年七五三参り(お電話でお問い合わせなされる前に)

 

「ご祈祷は予約制ではございません」

田無神社にお越しいただき、当日に申し込み用紙をご記入いただきます。

ご参拝なされた方全員(同伴者)がご昇殿(ご参拝)いただけます。

 

※コロナウイルス感染症対策のとして、10月23日(土)から12月5日(日)の期間は、境内にトラステント(巨大テント)を設置し、密を避け参拝者相互の距離をとって斎行いたしますので、安心してお参りください。

 

受付期間 通年(月曜日〜日曜日)年中無休

ご祈祷受付時間 9時〜16時

「ご祈祷は予約制ではございません」お越しいただいた方から順次ご案内いたします。

混雑期で15分から30分程お待ち頂くことがあります。

初穂料は5,000円、10,000円、20,000円以上となります。

ご祈祷の内容は同じですが、授与品やお札の大きさなどが異なります。

 

「七五三参りとは」

三才・五才・七才のお子さまの成長と将来の幸福を祈願致します。

田無神社拝殿において、立派に成長したお子様の姿を神様にご覧いただき、感謝の気持ちの御奉告と今後の健やかな成長をお祈りします。ご祈願は、11月15日にこだわらず、ご都合の良い日にお参り下さい。

 

 

2021年 10月 4日(月)

■ 10月4日(月)〜10月8日(金)田無神社J:COM第五回絵馬デザインコンテスト展示会

〜田無神社J:COM第五回絵馬デザインコンテスト展示会〜

9月28日(火)午後7時に田無神社J:COM第五回絵馬デザインコンテスト結果発表公式ホームページ上で、田無神社J:COM第五回絵馬デザインコンテスト入賞者4名を発表しました。入選された方(20名)には9月28日(火)までに書面にて通知しております。

入賞・入選の24作品は「田無ASTA(アスタ)2階センターコート」において10月4日(月)〜10月8日(金)に展示を行います。

応募総数は82点でした。ご応募・ご協力くださった皆様、誠にありがとうございました。

田無神社J:COM第五回絵馬デザインコンテスト結果発表

公式ホームページURL

http://www.tanashijinja.or.jp/emacon/result.html

 

 

 

 

 

2021年 9月 30日(木)

■ 10月9日(土)〜平家物語絵巻〜小出蒐切り絵の世界〜田無神社展

平家物語絵巻 〜小出蒐 切り絵の世界〜 

田無神社展

西東京市在住の切り絵作家、小出蒐先生の「平家物語絵巻」の作品展が田無神社おみくじ処で令和3年10月9日(土)から令和4年8月31日(水)まで開催されます。

小出蒐先生は崇敬の念厚く、これまでに多くの切り絵作品を田無神社に奉納してこられました。切り絵作品を神社に納めるために、膨大な時間を費やされています。また、田無神社J:COM絵馬デザインコンテストの審査員を第1回から務められ、毎年の絵馬デザインにふさわしい作品の選定にご尽力いただいております。これら永年にわたる先生のご奉仕を称えるとともに神社からの感謝の場として、今回小出蒐先生の代表作である「平家物語絵巻」をおみくじ処に展示し、氏子・崇敬者の皆様にお披露目することといたしました。

「平家物語絵巻」は平家一門の栄枯盛衰を描いた軍記物語「平家物語」の代表的な場面70余点を小出 蒐先生の独自の視点で創作し、構成されています。その中から約半数の作品を、おみくじ処の天井や壁面に展示し、解説文と共に、参拝者の皆様にご覧いただきます。力強くも儚い、平家の運命を切り絵で再現した本作品を観賞することで、「平家物語」の新たな魅力や作品の良さを感じていただけるはずです。

1.期間 令和3年10月9日(土)から令和4年8月31日(水)まで

2.場所   東京都西東京市田無町3丁目7番4号

田無神社境内 おみくじ処(作品展示場)

 

小出蒐プロフィール

■セツ・モードセミナーでスタイル画を学び、卒業後は女性服ファッション業界で働く傍ら、独学で切り絵技術を習得~妖艶さとシャープな線で独自の切り絵を表現

■小説の挿絵を皮切りに、商業分野、広告宣伝関連とタイアップ制作により切り絵の可能性を拡げる

■代表作 京都池田屋花の舞店(新選組)、西東京市図書館四十周年記念(縁)、朝日新聞カレンダー(市版)、日本昔ばなし(山梨どリ他)、日本郵政(切手)多摩八市切り絵さんぽ、等

■展示会 NY日本ギャラリー、山梨切り絵の森美術館、新潟知足美術館、パリ・ルサロン、池袋芸術劇場

■著書 小出蒐切り絵の世界/日本の風俗美、平家物語絵巻

■田無神社奉納作品 スサノオ、一楽萬開(五龍神)、婀魔毘依(アマビエ)、龍神等

 

 

 

 

 

オススメコンテンツ

トップへ戻る