野分初稲荷大社の庭

食物の神である宇迦之御魂(うかのみたまの)神をお祀りしています。「御饌津神」(みけつのかみ)とも呼ばれています。
中世の頃から狐が稲荷神の眷属(けんぞく)であるとされる様になり、豊作を祈念する穀物の神であったが各種商業の発達に伴い、その御利益は農業に限らず殖産興業並びに商売繁盛、開運招福、屋敷の守護神など、多彩な性格を見せる様になりました。
田無神社の野分初稲荷神社は室町時代からの永きに渡ってこの近辺で崇拝されて来た古社です。
豊作祈願、各種商売繁盛、福運招来の御利益があります。

野分初稲荷大社の庭