煩大人社

煩大人神(わづらいうしのかみ)をお祀りする社です。
伊耶那岐命が黄泉の国から帰還して筑紫の日向の橘小戸の阿波岐原(あはぎはら)で禊をされた時、投げた衣から化生しました。
着ていた衣服は煩わしさの象徴であり、煩大人神は本来厄病神の一柱に数えられるがお祀りする事で除災の神となりました。
災い除けの御利益があります。

煩大人社