獅子頭

西東京市指定文化財である獅子頭(雄獅子雌獅子格一頭)は嘉永三年(1850)九月に制作され、また元治元年(1864)四月に修理されていることが獅子頭の内部に漆書されています。この獅子頭が作られた時代は、欧米列強国が開国を迫ってきた時期で国内は騒然としていましたが、田無は宿場町として最も繁栄し、また、徳川幕府の直轄地である天領の農民としての意気も盛んな時代でした。獅子頭はそのような田無の町の状況を象徴したものと考えられています。獅子頭は、はじめ上宿と下宿が毎年神楽を競い、豊作かを占うときに供えられたとされていますが、後には雨乞いの獅子として村人から信仰され、今日に至っています。

獅子頭