鹽竃社

塩土老翁(しおつちのおじ)神は山幸彦(やまさちひこ)が海幸彦(うみさちひこ)の釣り針を無くし困っていた所に現れて助けた神とされる海の神です。他にも神武天皇に大和の話を伝え東征にお導きになったとも記され、航海や遠征の守護神的な側面を持ちます。
安産 虫封の御利益があります。

鹽竃社