鹽竃社

塩土老翁(しおつちのおじ)をお祀りしています。山幸彦(やまさちひこ)が海幸彦(うみさちひこ)の釣り針を無くし困っていた所に現れ知恵を授けたとされる海の神です。その事がきっかけとなり海幸彦は豊玉姫と出会い子供を授かったため安産の神さまとして崇敬されています。他にも武甕槌神と経津主神は、塩土老翁の先導で諸国を平定したとされ、また、神武天皇に大和の話を伝え東征にお導きになったとも記されることから、航海や遠征の守護神ともされます。安産祈願・虫封の御利益があります。

鹽竃社