楠木正成像

南北朝時代、後醍醐天皇の命を受けて挙兵し幕府と干戈(かんか)を交え戦の神と崇められました。
その子孫が保谷に移り住み田無神社の分社である尉殿神社を守護した経緯から、何時しか田無神社の境内に石像が祀られる様になりました。
戦に臨む兵士は武運長久を祈念し、石像の一部を砕いて持ちお守りとしたと言われています。

楠木正成像